デジアナブログ

自分の体験をもとに、健康管理・パソコン・地域ネタの記事を書いております。

葦簀(よしず)で簾(すだれ)

関東の日差しは熱い。


去年はあまりの暑さにシャッターを閉めました。


そういえば、こちらに越してきて、窓やベランダにシャッターがついている

ということにも驚きでした。


防砂のためか、防犯のためか...

理由は近所の人に聞いてもわからずじまいでしたが。

 


とにかく、うちでは暑さ対策のためにシャッターを利用していました。

 


が。

今年は簾(すだれ)をつけてみました。


なかなか風情があって良いものですね。

 

隙間から差し込む日差しが心地よい。

しかも、風も通しやすいので、湿度が低ければクーラー無しで過ごせます。

 


ところで、簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違いは主に使い方だそうです。

  • 簾(すだれ)→ 垂れ流して使う
  • 葦簀(よしず)→ 立てかけて使う

らしいのです。


で、私が買ったものに書かれていたのは、「葦簀(よしず)」。


葦簀(よしず)を、ベランダの上からぶら下げています。

葦簀(よしず)を買って、上からぶら下げているわけです。

葦簀を簾として使っている、という感じになるんでしょうかね。

 

ただ、「葦簀は水をかけて更に温度を下げることができる」ともあるので

やっぱり材質の違いなのかな。

 


とにかく、今年はシャッターを使わずに明るい室内で涼しく過ごせそうです。

広告を非表示にする

広告